スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

234日目(6/13)和歌山市内~友ヶ島

どもっ!


234日目です。


元々の予定
9:00のフェリーにのって友ヶ島観光して昼過ぎに戻り移動。

朝6:00
快活club
ナイト8時間パックの終了時間間際になって

どーします?との連絡



………………


12時間パックにして13:00のでよくね?




さて、ねますかw



ってなわけで11:00すぎに退店。

この時はこれで間に合う予定だったんだよなぁ。


これからフェリー渡船場までは15kmほど。

その前にいくところあるけれども多分間に合うでしょう。


昨日まで紀伊半島を走っていた僕のチャリダーレベルは確実に5ぐらい上がってますからねw


よゆーよゆー(`・ω・´)


では、またあとでなー(=゚ω゚)ノ



しばらく走って、なんか違和感。



サングラス忘れたw



さてと、戻りますか……



うーん、時間が微妙になってしまった。でもまぁ、なんとかなるでしょう。


まずは絶対行かないといけない場所に向かいます。








34県目


和歌山県庁制覇!(34/47)




いやー、ここまでの道程は長かった……

和歌山県の思い出かぁ……


アップダウン?(^ω^)


いや、熊野古道とか那智の滝とか素敵でしたし、最南端もいきましたしね!



……車で来るといいと思うよw



さてと、あまりのんびりしてるわけにもいかないからサクッと渡船場にむかいましょう!


……………


あ、日本一周してるんですかー?


……………

急いでる時ほど話しかけてきてくれることってありますよねw



少しの間その方とお話。



……………


やっべー時間がないっw



さて、急いで渡船場へ向かいましょう。


残り40分ほどで15km


むりじゃね?(´Д` )



いやいや、そんなことはない、目指せ友ヶ島



そっから走ること数km



カブの速度で間に合う時間にでたさき(あ、合流したのこいつねw)に追い抜かれるw


その瞬間に心は折れますよねw



いそいそと、携帯を取り出してっと



これ、無理だ、間に合わねー。


じゃあ、15:00のにして昼飯食いますかー。


ってな話になり、昼飯タイム。


友ヶ島観光どんくらい時間かかるんだろう?とか色々みながら今後の動きの相談。


じっくり見るなら3時間必要らしいけど、帰りの最終16:30だからまぁ1時間半くらいか。


なんとかなるだろ。

じゃあそうしますかー。

なんてやりとりした後

念のためもう一度フェリーの時間確認。




15:00の便は

4/28~5/6(GW)or7/20~8/20(夏休み)のみ



おわた\(^o^)/


臨時便ってなんだよw

つまり今日だと最終の16:00のやつしかもうないじゃんw



ってことで



友ヶ島に宿泊決定ww


まぁ、6/14に間に合うようになら明日島を出ても間に合いますしね。


こんなことはよくあること(@ ̄ρ ̄@)


そうと決まればまだ時間に余裕があるので近所の観光スポット(?)を見にいって来ます。

友ヶ島のことを調べてた時についでにみつけた場所




淡島神社

全国の淡島神社、栗島神社、淡路神社の総本社らしく、由緒正しい神社のようです。


寺社仏閣にそれほど興味ないとかいってたのになんでこんなところにいくのかって?



ぱっと見普通の神社なんですよね、ここ。

ただ、この神社がネットでは


珍スポット
として紹介されてるんです。

理由は、近づくとすぐわかりますw










北海道名物木彫りの熊!
狸の信楽焼!


そう、なぜか神社の至る所に大量の人形が安置されてるんですw

その数およそ2万体

そりゃ、珍スポットとかよばれてしまいますよw










本殿の周りは干支で埋めつくされてます。








翁と嫗





お面多すぎだろw




もはや、なんだかよくわからない



ただただ、こえーよ((((;゚Д゚)))))))


ここに夜きたら叫ぶ自信があるぞw



そして極めつけが







日本人形

ただでさえ日本人形って怖いのにこんだけあったら異様すぎる……
wikiには壮観って書いてあったけど、これは絶対に異様が正しいw



これ絶対髪伸びてるよね((((;゚Д゚)))))))



元々この淡島神社は安産やら婦人病回復などの効能ご利益がある神社なのだが、
人形供養も行っている神社らしくそのためこんなに多くの人形がされいるらしい。


境内の地下には霊現象を起こす人形が無数に安置されてるんだって☆~(ゝ。∂)




さっさと逃げましょういきましょう!




怖いものを見た後は癒しが欲しくなりますよね。




癒し発見!






この穴の中になにがあるのかなぁ



ていっ!



コテン。



やべー超絶かわいいぞこいつww





お父さんにも興味津々。

お父さんも奉納してこようかな


▽・x・▽「……………。・゜・(ノД`)・゜・。」







さてと、冗談はこれくらいにしてそろそろ出発の時間が近づいてたので渡船場にむかいます。




一瞬どれなのかわからなかったw



迷ったけど泊まるなら色々あったほうがいいだろうってことでチャリごともっていきます



往復分の切符購入。





テンションあがりまくりな人






いざ、出発!


出発した後さっきまでテンションの高かった船酔いの達人さきさんは中でおやすみ。



数十分後




島が見えてきたー(((o(*゚▽゚*)o)))





ようやく
友ヶ島
に到着!


この港を中心に左右に分かれており、それぞれにキャンプ場があるとのこと。

一緒に乗船したおじさん曰く、
左は平坦で右は険しいから自転車もってくなら左のほうがいいとのこと。


そんなこといわれたら迷わず左を選択しますよね。





どこが平坦なんだww


道は凸凹だし、結構登るし。
明らかに平坦ではないw
ただ、次の日にわかったことだが確かに右のキャンプ場よりはマシだった……


自転車運ぶのに苦戦しながらも探索のベースになるキャンプ場に到着。

少し遅れて、さきも到着


今日はそのまま左側を観光して明日右側を観光することに決めて、いざ出発。






ハイキングというかトレッキングというか探検というかw

結構しんどい道がつづきます。









第4砲台跡地

この友ヶ島に来た最大の理由がこれらの廃墟群。


ここ友ヶ島には、第2次世界大戦時に大阪湾への侵入を防ぐための防衛拠点として砲台群が建造されており、それが未だに残っています。
マニア垂涎の島ってわけです。


ただ左側はどちらかといえば自然が多い場所で、メインは右側にあるのでそこは明日回ります。



しばらく進んでから、少しルートを外れて次の観光ポイントへ向かいます。






道は相変わらず険しい。



深蛇池


昔、役小角が大蛇を封じたとされる池
封じ込めた際、役小角は大蛇に「笛が聞こえた夜だけは出て来ていい」と言ったらしい。
夜口笛をふくと蛇がくるってのはここからきてるのかな?







蛇神様を祀ってる(?)からかお賽銭が。
こんなところにあるのに誰も取らないあたりが日本人のよさを表してますね。







蛇神様がいるところだけあってヘビは普通にいますw
これは抜け殻だけどね。






深蛇池からさらに進むと海が。
そしてここで行き止まり。


先に進むには来た道(獣道)をしばらく戻らなくてはならず、正直きつい


ふと目的地方面を見て



こっちから先に進めるんじゃね?という無謀案を提案!

落ちたら落ちたでおよげばいんでね?なんて気軽なことを考えてましたw

装備全て持ってる僕とは違い、ほぼなにも持っていないさきは海に落ちたらアウトなので仕方なく来た道を戻ることに。
残念( ^ω^ )





獣道をもどって先へ進みます。





あそこが今日の最終目的地、虎島
左側は確かにほとんど軍事施設はないが、あの虎島には砲台跡なんかがあったりするので楽しみ♪





あと少しで虎島に着く!





………

え?
道がないんですけど( ; ゜Д゜)

どっかで道間違えたかなぁとか思うけど間違えようがない道だったし、この途切れ方はまさかなぁ~……とか思ったら




ビンゴw

満潮時はとおれないのね。・゜・(ノД`)・゜・。


満潮と干潮はだいたい6時間周期で入れ替わるってことを踏まえると


よし、帰ろうw


まぁ、せっかくここまで来たんだから少しだけ遊んどきましょうw








手間かけさせやがったが、もうこれ以上はにげられねーぞ。手を頭にのっけろ!!


以上ww




夕陽きれいだなぁ。



さて、戻るか!


夕焼けの中のトレッキングってのもいいもんだ。




光の感じが見事に9筒w


この島は野生動物が至る所にいるが、最も多く見かけるのがリス。
ただ写真に撮るのが難しいんですよね。



食事中が激写チャンス!




みーたーなー(¬_¬)



こういう景色が見られるだけで来た甲斐がありますね。



ようやく無事ベースキャンプに到着。

流石に結構疲れました。飲み物もってかなかったのが少し痛かったです。


さてさて、じゃあ食事の準備でもしますか。


あれ?
さきがいない?

完全に置いてけぼりw


普段チャリに乗ってる人間とカブにのってる人間では明らかに体力に差があるんだなぁってことが浮き彫りになった瞬間でしたw

仕方ないのでやつの飲み物もって迎えにいって
おれ優しいー( ̄▽ ̄)


お互いの寝床を確保して、ご飯作って、食って就寝。


お互いの寝床

ぼく→テント、寝袋、エアマット。
まぁキャンプにおけるフル装備といえますね。


さき→寝袋、エアマット(ぼくの予備)
泊まる予定ではなかったからテントはなし!


普段ならテントなしでも大丈夫なんですけどね……ここでテントなしにしたせいで翌日大変なことに……


では、おやすみなさい!



走行距離21.36km
総走行距離9657.04km
走行時間1時間29分
平均時速13.1km






ポチッとすることで蛇やら人形やらからあなたの身が守られます
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

233日目(6/12)ライダーハウス良流来~和歌山市内

どもっ!


233日目です。

朝7時起床。
テントにマットに寝袋でもゆっくり寝れると思ってたけど
ベッドだと朝起きたときの疲れの取れ具合がやはり違いますねー。
まぁただ単に外で寝るより長い時間寝れるからなだけな気もするけどw





起きたら朝ごはんができてるって素敵すぎるw
しかも朝からめっちゃ豪華\(^o^)/


オーナーが朝地図を見てて行って面白そうなところとか考えていてくれたらしい。
なにからなにまでありがたい。





準備してライハの前で記念撮影してから出発。
色々お世話になりましたっ!

今日こそ地獄の紀伊半島を抜けて和歌山市内へ向かいます。


まっすぐ行くと早く着きすぎるのでオーナーに教えてもらったところに寄って行きます。








いい天気






道成寺
うん、まず読み方がわからないw
どうなりてら?
どうせいじ?
正解はどうじょうじ\(^o^)/

ど、ど、どじょじ、どじょじの寺は………


このお寺は「髪長姫伝説」などの能や歌舞伎などで有名らしい。


題目がホラーにしか思えない((((;゚Д゚)))))))























こんなところで道成寺観光終了!
拝観料とられないところでよかったw









道成寺後は海沿いを走り



自転車を目印に曲がったところで



アトリエビアンコ
に到着。

ラルクのオーナーからここのオーナーも面白い人だからよってみー連絡しておくから言われたので寄らせてもらいました。
このアトリエはオーナーのえんどうさんが海が見えるところでアトリエを開きたいという思いから少し前にここに引っ越してきて開いたそうです。




アトリエの目の前が海だなんて羨ましい。

やっぱこうやって行動力があってパワフルに生きてる方は素敵です
自分も見習わなくては(`・ω・´)
そいや旅の話とかえんどうさんの話とかがメインでなにを作ってるアトリエなのかまったくきいてなかったw


中で話をしていると一人の女性の方がいらっしゃって、話を聞いてみるとどうやら、ここに来る前に走ってた道で僕を見かけてくれていて、声をかけようと先の道で待ってたけど中々こなかったのでどっか寄ってるのかなぁと思って見にきてくれたとのこと。
わざわざありがとうございます!

その方のご子息が昔、ヒッチハイクで日本を回ってたことがあってその時色んな人にお世話になったので、それを返せる機会があればなぁと思っていたらしく、お昼ご飯をご馳走になることに。

本当感謝です。
こういうお話を聞くと自分も終わった後はなにかできればなぁとか考えてしまいますね。そもそも旅人に会う機会もすくなくなるんだろうけど。
そのままご子息には少し外れた道をいって欲しかったのに真面目になってつまらないっておっしゃってたのが面白かったw


少し3人でお話して


アトリエを後にしてその方の車をチャリで必死に追いかける´д` ;


10分ほどいったところでその方のお宅に到着。

ご主人も快く迎え入れてくれてありがとうございます。




庭から海が臨める素敵なお家。





そんな庭でのランチ


さいっこーーーーー\(^o^)/




警戒心強いくせにめちゃくちゃ甘えん坊。
かわいいw


ご飯をご馳走になりながら話して気がつけば15時半Σ(゚д゚lll)

これから峠×2含む50kmはなかなかきつい時間になってまいりましたw


話は尽きず名残惜しかったですが、流石に暗くなるとまずい上に和歌山市内で待ち合わせしてるので先に進みます。


色々ありがとうございました!
こんなところでまー君の試合が見られるとは思ってなかったw



たっぷり楽しんだ後はしっかり死んできましょうヽ(;▽;)ノ






恋人たちの浜なので綺麗にしましょうだからといってよごすのはやめましょうw





わかってはいたけど登り……





こんな峠のてっぺんに大衆はこないと思う……



そして下り!




鰹節発祥につづいて醤油発祥かぁ。




ここは工場見学が無料でできるらしいので寄ってみたら営業時間すぎてたorz










この辺りは昔ながらの町並みが残っていて素敵。
道を間違えてよかった!!
途中で道それちゃったようで本来ここは通らないはずだったのですw


さらに先に進んでいきます。






マックとすき家が並んでるところを見るともどってきたなぁと感じますねw




雲の切れ間からの光が海に差し込んでる光景って神々しいというかなんというか




そして夕陽。

この頃にはもうアップダウンも無くなってきておりもうすぐ紀伊半島がおわりますっ!


そして、最後のトンネルを抜け





和歌山市の明かりだー(((o(*゚▽゚*)o)))

トンネルを抜けた直後に和歌山市の夜景がお出迎え

紀伊半島おわったーーー!と思わず叫んでしまったww

市内までもう少しだけ走ります。




神羅カンパニー?







♪つかもうぜ、大量出玉♪


じゃなくて!


これはまずいでしょww

神○いるしw


願いを言え、ひとつだけ叶えてやろう。


えーっと……万枚オーバーで……


うんひどいw

鳥山明先生はギャンブル嫌いで自分の作品がパチンコ台になるの反対の人だから、パチンコ台ではないはいえこんなお店みたら怒るんじゃないか?





そんな危ないパチンコ屋を通り過ぎて近くのコンビニで相手待ち。

まさか僕のほうがはやくつくとはw


そして数十分後





待ち合わせ相手と合流。

この日あいつの写真まともには撮ってなかったみたいです。
ヘルメットかぶっててわかんねーw

まぁ左のカブの持ち主でございます。
つか、まぁ至る所で一緒にいたあやつですね。

あくまで僕の相棒はお父さんなのでお間違いないようにw




合流後、和歌山ラーメンの中で評価のたかかった丸三そばへ



中華そば大盛り
和歌山ラーメンの定義がよくわからないけど普通の醤油ベースのラーメンだったような。
美味しいけどご当地ラーメン食った感はあまりなかったかも。







その後はコンビニでお酒買って、飲んで話して




近くの満喫に移動して就寝。

もっと早く入る予定が旅中に久々に会うとやはり話がつきないのでかなり中途半端な時間になってしまったw

そのせいで明日大変な目に会うんだけどまぁそれも旅の醍醐味ってことでおやすみなさい(-_-)zzz




走行距離90.75km
総走行距離9635.68km
走行時間5時間42分
平均時速15.8km





紀伊半島脱出記念と再開を祝してポチッとな!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

232日目(6/11)道の駅志原海岸~ライダーハウス良流来

どもっ!


232日目です。



今日午前中までは雨の予報なのでやむまではここでのんびりします。





来年の国体に向けて高速道路の工事をしているらしく、トラックが多い・・・

とりあえず休憩所でブログ作成。



休憩室で話しかけてきてくれた方からアクエリアスの差し入れ。
ありがとうございます\(^o^)/
アップダウン多いからスポドリは助かります!

その後もブログ更新して、12時時前に雨がやんだので出発。
今日は特に見るものもないし田辺市を目指して進んでいきます。




路肩せまっ!
トラックこわっ!((((;゚Д゚)))))))
久々におっかないトンネルでした。
走る車の8割がたがトラックとかどうなのさw




志原海岸から数km進むと



道の駅「椿の湯」
ここも新しくできた道の駅のようでやはりキャンプ禁止。
昨日先へ進まなくてよかった。
雨降っててこれを見たら絶望すぎるw







ここは無料の足湯があります。


ちょっと足湯に使ってから出発。







そういえば和歌山県って梅が有名だったっけ。
道路をはしっていて周りから梅の匂いがするってのは新鮮だな。



なぜスパイダーマンw
梅と蜘蛛に接点はないだろww



元々泊まるところの関係で田辺あたりでストップしようと思ってたけど明日の進む距離を考えてさらに先へ進んでおきます。


天気悪くても見るとこないからあまり関係ないしね(=゚ω゚)ノ




へぇ~、かつおぶしってここで産まれたんだ(。-_-。)




………



うん、やはり特に見るものがないw
最近一日一日が濃厚だったからこんな日もありでしょう。
雨降ってるし・・・






ちょこちょこ小雨は降ってたけど
御坊市にはいったあたりで本格的に雨。。

さて、わかってはいたけどここまできたはいいものの泊まるところがないw
というか道の駅志原海岸から和歌山まで国道沿いは道の駅ないし・・・
(椿の湯泊まれないしねorz)
公園に泊まろうと思ったら雨だしw
以前ここを通った人のブログ見ても泊まるところはないとかいってるしw


う~ん
とりあえずツタヤで雨宿り。
ついでにツーリングマップル確認。
進行方向じゃないけど15kmほど先にライダーハウスがあるらしい。
お値段1500円。
ルートからはずれるけど昨日の夜あまり寝れなかったせいで調子悪いのにマック泊なんてした日には明日死んでしまうのでライハ泊に決めました。
早速予約の電話。
この時点で19時前だったけど快くオッケーしてくださいました。




予約の電話をいれてからライハ方面へ向かって15分ほど走ったところで1台の車がストップ。
声をかけてきてくれたので何かと思ったらライダーハウスのオーナーさんでした。
もう暗いので向かえにきてくれたとのこと。

ありがとうございます!!!!

まさかわざわざ迎えに来てくれるとは、ライハまでのルートは結構上りもあったので助かった。

ライハ到着後



あったかい夜ご飯とシャワーを頂いて
もともと旅人だったオーナーさんとの話に花を咲かせて






久々のベッド。
よほど疲れていたのかすぐ就寝。
しかも途中であまり起きずに寝れました。


明日はようやくながかった紀伊半島から脱出します!



走行距離74.78km
総走行距離距離9545.93km
走行時間4時間51分
平均時速15.3km





紀伊半島脱出まであと一歩なのでポチッと応援お願いします
もうとっくに脱出してるじゃんとかいわない!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

231日目(6/10)道の駅那智~道の駅志原海岸

どもっ!



231日目です。

本日は
道の駅那智からお届けします。



昨日の夜雨が降っていたようだが今日も相変わらずずっと天気が微妙。
雨が降らないうちにどこまでいけるかが勝負!

14日とか猶予なさすぎでっせ、○っきー。





どうでもいいけど
道の駅那智の多目的トイレ
これ絶対寝られるよねw


ではでは
いざ出発!


今日位から平坦な道が終わりを告げ、悪夢の紀伊半島後半戦が始まります。



鬼<もう慣れてきたよね?
ってことでこれ追加しとくね


つ【向かい風】


。・゜・(ノД`)・゜・。


そんなオプションいらない……

それでも走るのさ、

だって


チャリダーだもの。



ってなわけで走りませう。






走り始めてすぐのところにあった歩行者トンネル。
千と千尋の世界に連れてってくれそうな雰囲気でいい感じ。



段々と見覚えのあるアップダウンw


本格的にアップダウンが始まる前に
次のコンビニでちょっと休憩しようとか思いながら走り始めて数km










ん?ローソン発見?







いやいやいや、これどう見てもローソンでしょww


遠目でみた時に、ここで軽くなんか食べようと思ったのにw



騙された(; ̄O ̄)

気を取り直して先へ進みますw




謎の鳥オブジェ。



この辺りは鬼ヶ城と同じような岩肌が並んでて面白い。
蜂の巣みたい。


さらに少し進んだところにあるのが




橋杭岩
昔、弘法大師と天邪鬼が串本から沖合いの島まで一晩で橋をかけられるかの勝負をし、大師が後ちょっとまで作ったときにこのままじゃ負けると思った天邪鬼が鶏の鳴き真似をし弘法大師にもう朝だと勘違いさせた。勘違いした弘法大師はあきらめて作りかけのまま立ち去ったという逸話が残っているようです。

えーっと、これは一晩でここまで作った弘法大師様すげ~~~~となるところなのか
鶏の鳴き真似で勘違いするなんて弘法大師ったらおちゃめさんとなるところなのかw
そしてそれが書いてある看板の近くに火山活動と風化によるもの的な実際の説明が書いてあって台無しなところに突っ込めばいいのかw

どれなんだろう。








逸話はおいといて、このあたりは自然がこんなものを作れるのか
と思わされるものがいたるところにありますね。



岩それぞれに名前がついているようです。
テストにでるかもよ



またここに道の駅「くしもと橋杭岩」もあります。
ってかなんで道の駅自体の写真これだけなんだろうw
このときは知らなかったがここできてまだ数ヶ月のできたてほやほやの道の駅らしい。
そういうところってこういう風にキャンプ禁止の看板置いてあるところ多いですね。




この景色が朝に見られるとなるとキャンプしたくなる気持ちもわかります。


ここまでは国道沿いを走ってきましたがここから少しの間わき道にそれていきます。





久々に現れた壁w
こんな坂を上ってまでなぜルートを外れたかというと。









本州最南端

があるからさ!!

ってことで本州最南端潮岬に到着。

まぁ本州四端制覇はしていないんですけどね
北と東いってないですしw

ルート上でそんなに離れてないのであればいってみようってことでよってみました。


本州四端制覇してる方はこの近くにある灯台によると最南端到達証明書がもらえるらしいです。
それぞれの到達証明書集めてどっかに送ると四端制覇の証明書もらえるらしいですよー

がんばってー(=゚ω゚)ノ



なんか誰かわからないけどお父さんがすっぽり納まったのでパシャりw

用があるのはこれだけだったのでさっさと国道にもどって先に進みます。



帰りは森のトンネルを抜けて


国道との合流点あたりにスーパーがあったのでここでお昼ご飯




またまた生さんま寿司。
味もうまいけどこれが一番値段的にちょうどよかったのでついw

これで体力回復したのでガンガン進みます!




下手な洒落はよしなしゃれ




坂…

坂…

坂…


だから熊野古道って(以下略)


そのまま先に進みます。









婦夫波
太平洋から押し寄せる波が陸ノ黒島で左右に分かれ、また合流する様が夫婦に似ているからこの名前がつけられたとのこと。
いわなくてもわかるように恋人たちの聖地ですw
恋人岬ってかいてあるしね
恋人たちの聖地をめぐる日本一周人とかいてもおもしろいんじゃないですか?
ちなみに本来なら夫婦波だが最近は奥様の方が強いのであえて逆にしているとのこと。
確かに左から右に来ている波しかほぼ見えないw
がんばれお父さんw

ちなみにこの島には洞窟がありそこに熊野水軍の財宝が隠されているとのうわさがあるそうです。
恋人たちの聖地よりそっち推そうぜw







そんな恋人岬を侵略するべく・・・・

いやそんなネタにするようなことじゃないな。
失礼しました。


先に進みます。



道の駅「イノブータンランド・すさみ」に到着




ここには王様がいるのできちんと挨拶w

この道の駅のこだわりが半端ないww




国歌があったり




式典があったり



これはなんかちがうw


ここまで設定作っている道の駅も珍しい。
ただここの名物いのぶたってことは

国民食っとるよねww

少し雨が降ってきたので雨宿りをかねてお昼寝。

結局1時間ばかり寝てましたw


そこからさらに20kmほど走り




17:30
道の駅「志原海岸」に到着。

まだ時間があるので次の道の駅までいこうかと思ったけどこの時点で90km越えしてたので今日はここまで 

食事のしたくをしている間に雨が降ってきたのでストップして正解でした。



ここの屋根なんかしらないけどところどころ穴が開いていて雨が入り込んでくる





たまたま道の駅隣接のお店が明日定休日の為そこにテント設営。
ただ道路沿いだったので8回ほどおきてしまった・・・




走行距離96.01km
総走行距離距離9471.15km
走行時間5時間39分
平均時速17.0km





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
プロフィール

しろ

Author:しろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。