スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

235日目(6/14)友ヶ島~京都市内

どもっ^_ !

235日目です


6:00起床。
うん、いい目覚めだー。

人の声はしないし、気を使って片付ける必要もないし、船の時間が9:30じゃなきゃもっと寝てるな。多分。




漁師の朝ははやいですね。

いつになったらもらった釣竿使うことになるんだろうw


テントの撤収して、お米炊いてから

まだ爆睡してやがるさきを叩き起こす
親かぼくはw


目を覚ましたさきに違和感が…




蚊に食われまくっとるww

うわぁ……ひっでー、確かにテントの中にいても外にいる蚊の羽音が聞こえるくらい飛びまくってはいたが。
ちなみに両手両足顔がこんな感じなんで余裕で100箇所以上食われてますw


これは朝からテンションさがっても仕方ないな。

ドンマイっ。







今日は島の右側。友ヶ島のメインを攻めていきます。
2時間あれば回り切れるでしょう。なんてことをこの時の我々はおもっていました。


ささっとカレー食って、片付けて準備して出発。


自転車は港に置いていきます。
後で苦労しないようにね。


全ての準備が完了したのが7:30



すでに予定狂ってますねw

ま、まぁ、散策開始するとしましょうw


右側も当然同じような道がつづきます。

そして昨日一緒に歩いた結果体力の違いが明白だったので今日は別行動。
見捨てたわけじゃないんだからねっ!!



二日目ともなるとリスも当たり前のようになって昨日ほど騒がなくなりますね。



友ヶ島探索の際に必要な道具として長靴とヘッドライトがあったのはこの中を探索する為なんですねw

一人でライト持たずにこんな中探索する気にはならないので、雨雲の杖があるのか太陽の石があるのかは知らないがスルーします。
虹の雫が手に入らなくてゾーマがのさばろうがしったこっちゃない(`・ω・´)
ちなみに確か両方とも洞窟にあったわけじゃなかったとおもうけどw



ここからさらにすすんでいくと、本日一つ目の砲台跡にして、一番来たかったところへ到着。



入り口を通って




まず見えて来るのが将校用宿舎跡地
中を見てるみると、当然ボロボロだが、昔の日本家屋みたいな感じな作りになってるのは流石。




奥にあるトンネルを抜けると。










そこに現れるのが第3砲台跡

トンネルを抜けた瞬間、
レンガ創りの廃墟に草木が生い茂っていて、そこに日の光が微かに入ってくる光景。

もう素敵すぎる。

この場所がラピュタの島と言われる由縁ですね。










せっかくなんで中へはいってみます。






フラッシュをたいて撮った写真




実際は真っ暗です((((;゚Д゚)))))))

夜とか肝試しに使われるらしいですよw

回り音なくて自分の足音が内部中に反響するのはこわいわな…

中を歩いてる時脳内ではドラマ版金田一の挿入歌(?)が流れてましたw





ダッタッ、ダッタッ


奥まで行ったら絶対ボスでてくんな、これはw
実際は反対側と繋がってるだけでしたw





いまじゃのどかな池になってるけど昔はここに対艦用の砲台があったんだなぁ。





ふぅ~…いやー最高だった。
写真も文章もあまり上手くないので空気感とかはお伝えできないけど、とにかく最高だった。
旅なんてしてないとこんなところくることはなかっただろうし存在すらも知らなかっただろうけど、今こうやってここに来てるってのは多分すごいことなんだろう。
旅人っていいねw



近くに展望台があったのでそっちも見てみます。





いい景色。





ここからも友ヶ島灯台みることができます。

結構遠くね?
あれ?時間なくね?

(´Д` )

まぁ、とりあえず行けるところまで進んでみましょう。








第5砲台跡

ん?なんかカラフルなのがいるぞ?







まさかの

孔雀発見w

孔雀って動物園にいるもんじゃないの?
なんで普通に道歩いてんの?w


残念ながら羽は広げてくれませんでした。
動物園にいるより尾が長かったので開いたらさぞかしきれいだっただろうに。
孔雀は蛇を食べるとより羽がきれいになるらしいです。


孔雀においしいところを持って行かれた第5砲台もしっかりみておきましょうw









火気厳禁と書いてあるところを見るとあの奥は弾薬庫とかになってるのかな?

ここも廃墟感でてて素晴らしかったが、やっぱ孔雀に感動もってかれてしまったw




ここまで見終わって時刻は9:00すぎ

まだ第一砲台と第二砲台と友ヶ島灯台をみてない状況w

全部回ったら間に合うわけがないw


よし、回るのは諦めよう……



いやいや

せっかくここまで来たのにそんなことできるわけないのでフェリーを11:30のにずらして全部回ることにします。

さきは体力の問題と大量の虫刺されの問題でここで帰ることを選択。

後はまかせろっ!


向こうについてからのやりとりはまかせたぜー(=゚ω゚)ノ





さてと、フェリーの時間が11:30になるのであればかなり余裕があるのでゆっくり回っていきます。











旧海軍聴音所跡

潜水艦などの侵入を察知する為に作られた施設だそうです。






中はボロボロ。
犯人は立花






必ずこの暗号を解いてみせる!
じっちゃんの名にかけて!!
いや、だから犯人は立花だって







こちらがもう一つのキャンプ場

泊まってた方より広くて使いやすいがここまでチャリもっていくのは至難の技なので仕方ない。



鹿
所々に落し物があったのでいるのはわかってたけどようやく捕捉できましたw





孝助松
由来とかはわからないが、なんかすごい松のようですw



蛇ヶ池

昨日見た深蛇池に封じられた大蛇は元々こちらの池で暴れてたらしくこっから役小角に深蛇池へ連れてかれ封じられたらしい。


このキャンプ場から少し進むと





第2砲台跡
こちらは戦後爆破解体されたので立ち入り禁止。

空中にかかる階段とかをみるとこちらもラピュタっぽさがでてていい感じ。


さらに進んだところにあるのが








第1砲台跡
ここも中は立ち入り禁止。
残念…

上にいく道があるので先へすすみます。



これは道なのか?w



雰囲気ある小径を通った先に





鉄製の装甲掩蓋。

それなに?って聞かれても答えられないし、読み方すらわからないので詳しく知りたい方はwiki先生にアクセスw

戦時後要塞などに使われた金属は高く売れたことから金属の装甲掩蓋が完全な形で残ってるのはかなり珍しいとか。

軍事関連への興味はないけど存在感は感じ取れます。



すげー頑丈そうなドアを通って内部へ侵入





マニア垂涎の品のようですが、マニアではないので次へいきますw





そして、

この島最後の目的地

友ヶ島灯台に到着。


この灯台の近くに



日本最南端がありますw



ん?

いやいや、おかしいおかしい。

日本最南端といえば、波照間島。
ってか数日前にいった本州最南端の潮岬よりも北にあるここがなぜ日本最南端なんだよw



と思ったら標準子午線上の最南端なんですね(´Д` )


なんでもありかw

つまりここから北にいくと明石市にたどりつくわけだ。

まぁ。うん、とりあえず最~端には興味があるのでこういうのもありでしょうw








これで友ヶ島観光終了!

いやー、めちゃくちゃ楽しかったです。

RPGだったりラピュタだったり金田一だったり色んな雰囲気を兼ね備えていて、自然も綺麗で野生動物もいて。言うことなし、大満足でした。




フェリーが着くより少し早く渡船場についたので海を見ながらのんびり。

11:30のフェリーに乗り込んで友ヶ島を後にします。




さらば、友ヶ島


あ、虎島への道つながってるw





12時前に加太の渡船場に到着


無事和歌山市内にもどってきてからは遅れを取り戻すために急いで大阪へ向かいます




予想外に峠あったり、パンクしたりしたけれど16時過ぎに無事大阪は高石市に到着。

高石はとある旅人の出発点。






てなわけで、去年の日本一周カブダーしょーへー君と合流!

そのまま一旦しょーへー君の家へ。

既についていたさきは爆睡中。

起こすのもかわいそうだし、しょーへー君の部屋になぜかゲーセンの筐体とグラディウス2の基盤があったので、起きるまでそれで遊ぶことに。


このへん、なんか知らないけど全然写真とってねーな、多分友ヶ島で疲れたからだろうなー






そして気がつけば18:00w

ここからまっきーの家までは60kmほど。

チャリならまぁ、3~4時間ってところですねー。余裕余裕!




それぞれの相棒をパシャり☆


よし、では向かいますかっ!!





よいしょっとww





ん?なにか問題でも?w


チャリダーのこだわりを貫いて急いで3~4時間かけて向かうよりさっさと車でまっきーの家に向かって皆と会った方が楽しいに決まってるので、チャリダーの誇りなんてものはポイ捨てしておきますw







そして時速ピーkmの速さで京都へ向かい.



無事20:00頃にはまっきーの家に到着。





扉を開けてびっくりw





旅人祭りじゃー


いや、多すぎだろw
最初聞いてた人数6人だったのに全部で10人の旅人が大集結(`・ω・´)

とりあえず記念撮影w



カメラがありすぎてどこみていいのかよくわからんw





集まった旅人達がこいつらだ!

タリジ

さき

かな @kana_0316

こた

izu

スノ

しょーへー

まっきー

おしゃー
敬称略




撮影会の後は酒飲みながらトランプやったり話したりして盛り上がり、3:00頃に雑魚寝で就寝。


明日は皆で京都観光に向かいます。








えー……本来走行距離とか乗っけるところなのですがちょっとした事件があったせいでこの日だけは走行距離のおおよそしかわからないのでそれだけ乗っけておきます。


走行距離約60km
総走行距離9717.04km





旅人祭りだ、ポチッとポチッと!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しろ

Author:しろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。